大学受験 小中高英語 TOEFL TOEIC 英検 論文・論述 インター・帰国生

2019/04/04

英語の4技能を磨こう! まずは音、リスニングから!

小学生のころに聞いた英語のテープの

 

 

Yes, it is.

 

が頭から離れず、しつこく言っていた中山航です。

 

(この母から、やってみたらと言われた語のテープとの出会いがなければ今の僕はいないかもしれません。感謝します。)

 

 

僕が自分でも実践し、生徒にも教えて実践させているある意味対極にある2つの柱は、

 

                 

1 英語の文章(texts/passages)の

Logic(論理rhetoric(論の展開)を理解し、自分でも使えるようになること 

 

まぁ、要は、一般より深く文を分析し、理解し、吸収しろということです

 

2 音を通して(言語の基本はspoken language-話し言葉)、

 

英語そのものを憶えるくらいまで吸収、反射してもらうこと

 

です。

 

僕が英語ができないという生徒を見る限り、12どちらも欠けています。この2つの中間で小さく行ったり来たりしています。

 

今日は2に関して3つの学習方法を紹介しようと思います。  

 

3つの学習法

 

 Overlapping(オゥヴァーラッピング)

 

 目的)文字と音を結びつけよう。
    
    音のスピードを超えるreading力も身に付けよう。 

 

 

 Sight Translation(サイトトランスレィション) 

 

 目的) 直読直解・自ら発信へ!

 

 Shadowing (シャドーウィング)

 

 目的)Speakingの土台作りをします!

 

 

 Overlapping(オゥヴァーラッピング) 

 

目的)文字と音を結びつけてリスニング力だけでhなく音のスピードを超えるreading力の土台をつくろう!

 
方法)

Reading を通して理解した英文を

 

 聴きながら文字と合わせる

  

  音文字が一致してきたら(ときに理論・分析も必要となります)、

 

 聴こえてくる音と合うように文章声に出して読む(音読) 

  (できる限り音とずれないようにしていきましょう。⇒リズムが良くなります。目も口も進化していきます!)

 

 

 註)                        
  頭の中で言うスピードは口に出して言うスピードの1,3 ~1,4倍と言われている。
     ↓↑
  口に出して言うスピードが上がればあがるほど、頭の中はもっと速い!

 

  ただし、真の速読は頭の中で声を出さない(超ハイレヴェル)  

 

 

受験生などで「英語読むの遅いんです」という人はまず英語のリズムが身についていないのです。

Overlapping, 試しにやってみてください。分からない・やってみたい・極めてみたい方はご指導いたします

photo:01


一生懸命、しかも楽しそうに勉強する受験生

 

 

「分かる」のと『できる』は違います。さらに言えば『できる』と思うのと【できた】も違います。

 

吸収・反射】には【できた】まで最低必要です。

 

次回は続きを説明します。

 

Sight Translation(サイトトランスレーション) 


Shadowing (シャドーウィング)

ですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Language School ~航~
http://lswataru.com/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-30 ファースト日野ビル2F
TEL:03-3590-5056
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇