TOEFL 英語教室 | 東京・池袋

学術・実用の英語力。TOEFLに挑戦するための講座

大学受験 小中高英語 TOEFL TOEIC 英検 論文・論述 インター・帰国生

TOEFLコース

とにかくTOEFLの目標スコアーを達成したい!
実際に留学しても英語を即戦力で使えるようにしたい!

『英語の文献(論文/専門書/洋書)をもっと深く理解できるようになりたい!』
『英語を武器として、将来活躍する土台が欲しい』
とお考えの方にも有効です。

TOEFLとは

TOEFLは、EGAP(English for General Academic Purposes = 一般的な学術目的の為の英語)を測る試験です。主に海外の大学や大学院に入学する際に要求されるスコアで大学生活を送る上で必要となる会話や学術的な知識が出題されます。
政治、経済、科学、心理など学術的な分野を広く学ぶことができ仕事をする上での知識としても役立ちます。またメールでの交渉に役立つライティング力も向上させることができます。
試験としては、リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングと全てをこなさなければならないので大変と感じる人が多いかもしれません。
しかし、大学受験勉強をしていた学生にしてみれば、受験問題と同じ学術路線の英語となりますからビジネス英語が主のTOEICに比べかえって取り組みやすいのではないでしょうか。

※注1 TOEFLがCBTであったころ、Listeningは最初の数問の出来により難度が変わるということがありましたが、現在はそのようなことは行われていません。

―TOEFLとTOEIC―
よくTOEFL、TOEICどちらを学んだ方がよいのでしょうか?といった質問を受けることが多いのですが、TOEFL、TOEICどちらをやるにしても英語としての学び方は変わりません。当校では、将来にわたって学び続けることができる英語学習法でお教えしていきますので、どちらが良いかといったことは、自分の目的にはどちらから学んだ方がよいか?ということになるのでしょう。
当校では、そんな方でも学びやすいように今年からTOEFLとTOEICを隔週で学べるように設定いたしました。ですから、どちらかと迷われている方もぜひ両者とも受講してみて下さい。決して別のものをやったからといってためにならないということは全くありません。

使用教材

市販のTOEFL対策本(英語版) (こちらで用意します)

講座内容

まず、TOEFLとはどういう試験なのか、どんな目的で行われるのかからしっかりとお教えいたします。
目的が分かれば対処の仕方もわかりやすいのではないでしょうか?

ReadingもListeningもともに=Discourse analysis(logic [論理]/rhetoric [論の展開/相手をどう説得するか] )を駆使して正確、かつ、迅速な理解を訓練します。どのような基準でどのように設問を作っているのかもお教えしますので、それを学べば、どの選択肢を選ぶべきかが面白いように解るようになります。
ただし、本文を理解していることが前提ですから、この講座をとおして文の理解とは何なのか、どこまで理解すべきなのかを確認していきましょう。
Listening =IBTからはメモをとることが許されるようになったのですが、有効なメモの書き方を知っている人は意外と少ないものです。これもLogic/Rhetoricをベースとして、ただし、プラス αでwriting をする前に作成するDiagram (fish boneやmatrix)を利用することで、単なるListeningの問題を解くということではなく、文の構築の仕方、つまり、Writing, Speakingにどう繋げるかもお教えします。

中級から上級レヴェルに関していえば、文の理解を(readingにしろwritingにしろ)をしっかり教えてくれるテキスト/参考書が一般的に売られているものには少なくなりますからお困りの方も多 いことと思いますので、当講座では『論理的に、どのように相手を説得し、論を展開させるのか』 をお教えしますので、logic/rhetoricを駆使して読む、聞く、書く、話す(reading, listening, writing, speaking全ての分野)ということを一緒に訓練してみましょう。

いずれにしてもあなたの『英語を理解する、理解させる』ということに関するこれまでの発想を
180°転換させてみせます!


受講者の声

授業では、公認問題集を用いて実践的な問題に取り組んでいきました。
まず、リーディングでは、文章全体の構成の捉え方から、単語の成り立ちまで幅広くそして深い英語の読み方を教えていただきました。それによって、いろいろな分野に興味がわいて、自分が大学でしたいことも見えてきたと思います。
私は、リスニングに関して、今まで自分でどのように練習したらよいのか分からず、あまり練習をしてこなかったので、TOEFLのリスニングとスピーキング部門は はじめ全く絶望的でした。しかし、リスニングでは、音と音とのつながり,さらには、readingの力を活かしたメモの取り方を、スピーキングでは、口の形から入る発音方法を教えていただいたことで、自ら練習するようになりました。きっと、それらに関する本を何冊か貸していただけたこともモチベーションをあげるきっかけになったと思います。これらによって、今ではだいぶ改善されてきたと思います。先生の授業は、向上心が沸いてくるとても刺激的な授業です。

TOEFL講座を受講したI.Uさん

当校の生徒さんにネイティブ音源を差し上げる特典があります

<当校公式ブログ>

<当校関連リンク>

英検漢検

<パートナー>