難関大学受験 長文読解講座 英語教室 | 東京・池袋

講習 大学受験 中高 TOEIC TOEFL 英検 塾

大学受験 小中高英語 TOEFL TOEIC 英検 論文・論述 インター・帰国生

難関大学受験 長文読解講座 ランゲージスクール航

中高生のカリキュラム、目標として定めているレヴェル

ランゲージスクール航の高校生講座は、難関大受験の特に長文読解を中心としたカリキュラムを組んでいます。

<テキストとして扱っている問題、目標としているレヴェル>
 高1講座    日東駒専大学入試問題、英検2級過去問題、センター140以上
 高2講座    GMARCH入試問題、英検準1級過去問題、センター170以上
 大学受験講座 早慶上智、難関国立入試問題、センター190以上

グループ授業としては、これらの問題を扱い、目標とします。 難関大を目指す場合は、上記レベルが必要となりますので、高3までに上記レヴェルに達するように学習しておくと受験時、非常に楽になります。特に、英語は受験の中の一教科というより言語であり、大学入学はもちろんのこと、入学後の研究にも必須のツールとなります。難関大に入ることを前提としているのならば、英語は一番に考えなければなりません。(なぜ、英語が大学受験でこんなにも重要視されているのかなどは、入塾後生徒たちにはきちんと説明をします。)

英語長文読解以外の対策、英語以外の教科対策について

当校の直接授業としましては、大学受験時には長文読解講座2講座の他に、文法事項を扱うFoundation講座、母語による論理的思考獲得、英語との相乗効果を目指した現代文講座の合計4講座がございます。その他、個別に古典、小論文、英作文対策も行ってまいりました。(小論文、英作文はそれぞれ現代文、長文講座についていて無料) 受験コースのFoundation、高1、2講座においては、中山のオリジナルプリントの他に文法テキストや単熟語帳も使用し、長文以外の強化も図ります。これらに関しては毎週テストを行う予定です。(テストの方法は、各生徒にお話しします。)ただし、授業の基本は精密な長文読解となりますので、これらにつきましては、長文読解の予習と合わせ各自家庭での勉強が大切となります。
本年度よりブロードバンド予備校の配信講座においてその他の教科につきましても全教科の受講が当校で可能となります。都内は、大学受験において直接指導があたりまえ、コースがあたりまえという考えがあるのですが、費用もその分かかります。ある程度、自分で勉強できる教科ならば、自分に合った講座を好きなように組んで学んだ方が効率的、かつ経済的でよいと当校では考え、導入いたしました。(フォローの先生もつきます)

高校講座の成果の確認方法

これらのレヴェル目標の成果の確認方法として、今までは、英検の受験を推奨してまいりました。本校では、途中入塾者でないかぎり、遅くとも高2までには英検2級を取得していただきます。これに関しては、今までと変わりありませんが、加えて全体的な成績の把握をするために高1、2年次には年に3回程度、英語以外の教科も含め大手塾も行っている塾用テストを実施いたします。大学受験時には、大手予備校の模試を各自で受けていただくことになります。

中学生講座で扱っている問題、目標として定めているレヴェル

中学生講座は、まずはきちんとした英文の型に慣れてもらうためにも比較的短く、きちんとした型を持った英検の長文の過去問題を授業の問題として扱っています。

<テキストとして扱っている問題、目標としているレヴェル>
 中1講座 英検5級~4級レヴェル過去問題、1年次文法事項、単熟語など
 中2講座 英検3級~準2級レヴェル過去問題、2年次文法事項、単熟語など
 中3講座 英検準2級~2級レヴェル過去問題、3年次文法事項、単熟語、高校入試問題

中学生は、文法事項に関しても、初めてのことが多く出てきますので、ワークを使い、しっかりと学習していきます。
単語に関しては、ブロードバンド予備校の「いっとうくん」付属の英単熟語の本を元に、定期的にテストをしていきます。中学時代に、音の大切さ(勉強における活用の仕方)や、英語の基本的な思考の仕方を身に付けてもらうことが大切となります。単に、問題を解くという考えではなく、何故このようになるのかを考えられる力をつけることを目標としています。特に、中学時は、学校の成績が振わないと嘆く場合が多いようですが、学校のテスト自体が偏ったものの場合も多く、きちんと指導に従えば、必ず実力はついてきます。発話練習などの予習復習も怠らずにやるようにして下さい。
中3時には、中高一貫校の生徒でも高校受験を気にする生徒も多いので、高校入試の問題も扱っていきます。高校入試をする生徒は、別に入試用の授業も行います。

中学生の英語以外の教科対策

英語以外につきましても当校において理数系、文系共に個別にて対応しています。当校の塾生ならば、個別指導でも1教科週1回(月4回)8,600円と非常に安価にて指導しております。詳しくは、お問い合わせください。
また、本年度よりブロ予備の「いっとうくん」を導入いたします。五教科対応ですので定期テスト対策や受験に活用ください。

成果の確認方法

これらのレヴェル目標の成果の確認方法として、今までは、英検の受験を推奨してまいりました。本校では、途中入塾者でないかぎり、遅くとも中3までには英検準2級を取得していただきます。高校受験をする生徒は、中3次には外部模試を各自で受けていただくことになります。

学校の定期テスト対策について

中学・高校1,2講座は、学校の定期テストについても対策を致します。生徒たちの定期テストが集中する期間の1~2週はグループ指導を個別に各自の対策時間としています。各自の教科書ワークなどを使い対策を行います。この場合は、英語以外の教科についても対策可能です。

途中入塾、講座レヴェルに達していない場合の対応

途中入塾でこれらのレヴェルに達していない、またはグループ授業に参加するのは難しいと判断した場合、主に2つの方法を取らせていただいています。

  • 1、まずは個別に指導し(個々によるが、主に2~3か月)、その後グループ授業に参加する。
  • 2、グループ授業と同時に個別授業も別に実施していく。

個別指導のみの場合は、基本、通常料金の1.5倍とお考えください。(ただし、受講回数や時間数などによって割引がございます。)
もちろん、授業日以外においても各自勉強に来る、質問に来るのは自由です。いつでも中山はおりますので、各自強化を図りたいものに積極的に取り組みましょう。必要な場合は、各自課題をお渡しします。

入塾の際に必要なこと・保護者の方へのお願い

当校では、特に入塾試験は設けておりませんが、次のような気持ちをもってつねに来ていただける方を募集します。保護者の方にも、お子様をもし本当に英語をできるようにしたい、難関大に合格させたいとお考えの場合には、ご家庭で以下のことに取り組むようにお願いしています。

  • 1、どんなことがあってもあきらめずに前に進める。(授業を休まない)
  • 2、きちんと人の話を聞き、理解する姿勢を常に持つ。

1に関しては、当校で難関大に合格する生徒に必ずいえることで、どんなに部活などで忙しくともそうした生徒たちは、必ず授業には出席していましたし、何か学校や家庭で問題があっても塾に来ていました。反対に休みがちな生徒はやはり成績が振るいません。私たちもまず塾に来ていただけなければ、対応することが難しいです。遅れてきたとしても、別に時間を取るなり、残して指導するなりフォローをしますので、粘り強くきちんと出席するということが入塾する上での大前提となります。2に関しては、学ぶ基本の姿勢として大切です。まず「好き嫌い」で何事にも判断をつける子は、伸びません。学びは、まず人の意見を聞き理解することから始まります。英語は、特にコミュニケーション言語です。まず、相手がその英文や発話で何を伝えようとしているのかを理解しようという姿勢を持たなければ何も始まらないのです。これには、長い時間を過ごすご家庭での協力が重要となってきます。自分は何も教えらえないからといわれる保護者の方がおられますが、お子様の成長のためには、単語や英文法の出来を気にするよりもまずはこれらを重要視して下さい。当校では、保護者の方にもご家庭での課題としてお子様とよくコミュニケーションをとり、つねに1,2のことを意識させるようにお願いしております。

入塾方法

当校では、まず必ず個別にカウンセリングを受けていただいております。カウンセリング時に、現在の学習状況の確認を行いたいと思いますので、学校や自宅などで学習している教材、定期テストや模試の結果がございましたらお持ちください。また、カウンセリング時に時間が取れるようでしたら個別に体験授業を受けていただきます。グループ授業の体験を希望される場合は、その後に改めて予約となります。カウンセリング後、検討していただき、入塾希望となった場合は、入塾申込書等に記入いただき、個別にカリキュラムを組んで授業開始となります。

カウンセリング予約(お電話か問い合わせメールで) ⇒カウンセリング(個別体験授業)
(⇒グループ体験授業(希望者のみ)⇒入塾申し込み ⇒カリキュラムに沿って受講開始

個別指導

当校では、グループ指導に加わるのが難しい場合、特別なカリキュラムにおいての指導を希望する場合、個別指導も行っております。概ね通常授業の1.5倍の授業料とお考えください。ただし、授業内容や時間数などによって割引などがございます。当校では、インター生や帰国生などの指導も行っております。SSATやIELTSなど時間割やHPに掲載されていない授業内容でも行っている場合がございますので、まずはご相談ください。

振替授業について

当校では、粘り強く続けることが大切であると考えております。なるべく休まずに授業に出席することを入塾条件としておりますが、どうしても授業に出席できない場合は、個別に無料にて振替授業を行っています。(春夏冬などの講習時は事前申請のみ可)。ただし、振替授業が続く場合は、個別授業に切り替えるなどの処置をとらせていただきます。

窓口受付 月ー土(13:30-21:00)
※上記以外に来校をご希望の方は、事前にお電話をいただければ対応いたします。
出張授業などにより、窓口受付時間が変更される場合もございますので、できる
だけ事前にご連絡をいただくようお願いいたします。
電話は、転送にてつながる場合があります。

電話  03-3590-5056   メール   lsw@lswataru.com

アクセス 豊島区南池袋3-18-30ファースト日野ビル2F
池袋駅西武百貨店リブロより明治通りに出てジュンク堂脇の東通りを徒歩3分

当校の生徒さんにネイティブ音源を差し上げる特典があります

<当校公式ブログ>

<当校関連リンク>

英検漢検

<パートナー>