大学受験 小中高英語 TOEFL TOEIC 英検 論文・論述 インター・帰国生

2017/05/01

生徒からの心のこもった言葉

以前の記事

突然の訪問 英検準1級⇒英検1級⇒ドイツ ハノーファー大学へ

でも登場してもらったS君がメールをくれました。できれば、このLanguage School~航~に通って感じたこと、得たこと等を書いて送ってくれないかな?と頼んでおいたのです。

 

以下原文通りです。

 

 

僕なりに航先生のもとで学んだことを書かせていただきました。読んでいただけると幸いです。

 

僕は、航先生に学ぶ以前に英検二級を受けましたが、当時はただなんとなく単語帳の単語を記憶して、ただ過去問を満遍なく解く、というようなことをしていました。確かにこれでも英検には受かるかもしれません。ただ、このやり方では英語力というもっと大枠の力を育むことはできないというような印象が僕にはあります。なぜならその準備の仕方に沿った知識しか培えないからです。

 

その点、航先生の指導方法は、徹底されていました。単に英検対策、というだけではなく英語力そのものを大幅に上げていただいたと感じています。僕が英語圏の国での在住経験があるため、リスニングの比重は周りに比べると高くはありませんでしたが、かといってリスニングの指導にも決して抜かりはなく、絶妙なバランスで指導をしてくださいました。生徒によって指導の仕方を変える、というのはどの教育者も意識するところではあるとは思いますが、航先生の指導のバランス感覚は凄まじかったです。これは、僕自身家庭教師として教える立場に回った時に気づきました。

 

そして何よりも、読解というものがどれだけ大切なものかを、僕は航先生のもとで学びました。もちろん読むスピードや、論理的に読み解く力、そして文の前後関係(context clues)から意味を探る力も身につきましたが、個人的に一番ありがたかったのは、英語というものはただ学ぶだけではなく、英語を使って何をするのか、ということが大切なのだということに気づけたことです。これらの先生のもとで得た力や気づきは、僕がドイツ語という第三言語を新たに学ぶ上でとても大きな力になってくれました。

 

航先生が授業中、ふとした時に話してくださるエピソードの数々も、航ランゲージスクールの大きな魅力だと思います。僕の中で印象的だったのが、航先生の学生時代のお話です。先生は学校の授業で聞いたことを単に「ああ、そういうもんなんだな」の一言で片付けることをせずに、自分の中で疑問が少しでも浮かんだ場合は、その事柄の根底にある原理にまで掘り下げて理解しようとしていたというようなことを話されていました。この先生の姿勢が学問の探求における本来のあるべき姿なのだろうという実感は、大学で様々なことを学んでいく中で増していくばかりです。

 

このように、僕は航先生に多大な恩義があります。そして僕が航先生のもとで得た知識、知恵は未だ航ランゲージスクールの門をたたかぬ子たちにとっても、必ずや財産となると信じてやみません。変なまでに堅苦しく、そして長い文章になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。至らぬ点は未だ多々ありますが、航先生に教えていただいたことを無駄にせぬよう、大学での勉強に打ち込み、その後の人生を歩む覚悟です。先生の、そしてご家族のさらなるご健勝とご活躍をお祈りします。

 

SS(名前は伏せておきます。)

 

 

これだけ一生懸命書いてもらうと、非常に嬉しいですし、また改めて身が引き締まる思いです。S君が世界中で活躍する姿が目に浮かぶよ。僕も気合入れて頑張るよ、S君!

 

 

広告 昼間部

 

ブロードバンド ロゴ的

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Language School ~航~
http://lswataru.com/
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-30 ファースト日野ビル2F
TEL:03-3590-5056
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇